2018.4.24メディアワークス/発売予定

2018.03.26.12:00

メディアワークス文庫の発売予定です(*^◯^*)





あやかし図書館で待ってます
作者:安東あや
司書の仕事を探す結衣は、豪邸の書庫の求人を見つける。だがその仕事は、あやかしのための図書館の仕事だった。適性があったため採用されるが、結衣は躊躇う。しかし昔出会ったあやかしの少年ナギのことを思い出し、結衣は思い切って働くことを決意する。
 さまざまな理由で本を探しに来るあやかしたちのために、オーナーの宗司や番犬の風花とともに、新入り司書として奮闘する結衣。いつかナギと再会することを夢見ながら。
 本を通じて繋がるあやかしと人との優しく切ない物語








希望(バケモノ)をレンタルしてみませんか?
作者:朽葉屋周太郎
 街中の空き地に一夜にして忽然と出現したDVDレンタルショップ。看板には、怪しげなネオンサインで「もんすたぁ」の文字が光っている。
 堅気の人間が出入りしそうもないこの店の店長は、化野と名乗る、もじゃもじゃ頭の男。彼は「超すごい力を持ったバケモノを困っている人に有料で貸し出す。それが俺の仕事だ」とうそぶく。
 そんな化野の助手として働くことになったお人好しの女子大生・巡森は、信じられない不思議な世界へと足を踏み入れるのだった―。







火の中の竜~ネットコンサルタント「さらまんどら」の炎上事件簿~
作者:汀こるもの
サラマンドラは火の中でしか生きられない――。パソコン教室の講師として平凡な人生を送っているぼく。だけど、ある日生徒から持ちかけられた相談により、ネットに潜むトラブルの渦に巻き込まれることになる。不用意なブログの書き込みを発端とした32万アクセスの大炎上案件解決のためにぼくが頼ったのは、インターネットよろず相談所「さらまんどら」。火の中で生きる竜「サラマンドラ」を自称する彼らは、自ら炎上に飛び込んでトラブルを解決するという。所長のオメガに仲間に引き入れられたぼくは、このトラブルの「非常識な解決」を目の当たりにする―。





明治あやかし新聞 三~怠惰な記者の裏稼業~
作者:さとみ桜
日がな一日サロンで惰眠を貪る日陽新聞社の記者・久馬と、役者崩れの妖美な男・艶煙の裏稼業を手伝う事となった香澄。
 ある日三人で酉の市に出かけると、久馬と艶煙の昔馴染の藤治郎に遭遇する。
 思い出話に花を咲かせる三人だったが、ふいに藤治郎が艶煙に対し「まだあの男を探しているのですか?」と、意味深長な言葉を残し――。
 艶煙の過去を紐解く大人気明治あやかし物語第三弾!
「雲外鏡の怪」「鬼火の怪」「面霊気の怪」三編を収録。





七月のテロメアが尽きるまで
作者:天沢夏月
 人付き合いを避け生きてきた高校生の内村秀は、ある日クラスメイトの飯山直佳が落としたUSBメモリを拾う。その中身、「遺書」を見てしまったことから、奇妙な交流は始まった。やがて秀は直佳が進行性の記憶障害を患い、自殺を願っていることを知り……。
「君が死ぬときは、僕も死ぬ。それが嫌なら君は生き続けろ」
「……内村くん、すごく馬鹿なこと言ってる自覚は?」
 約束に隠された本当の想いを知った時、きっと最初からページをめくりたくなる。切なく美しい物語。





もうひとりの魔女
作者:入間人間
「今年は最悪の夏休みだ。わたしはこの夏に、やり残していることがある」
 一度死んでも生き返ることができ、その際にひとつの願いを叶えられるという不思議な木の実を手に入れた子供たち。
 二度目の死を迎えてこの世から消えていなくなったもの。別に誰かに成り代わったもの。自分を殺した相手への復讐心を募らせるもの。
 各々の願いがもたらした因果は絡み合い、物語は予想だにしない展開を迎える。
 そして永き時を生き続け、彼らの行く末を見届けた魔女は、何を願う。




気になる作品はありましたか?
詳しくはHPを見て下さいね
メディアワークスHP→こちら

スポンサーサイト

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

tag : メディアワークス文庫

2018.2.24メディアワークス/発売予定

2018.01.29.12:00

メディアワークス文庫の発売予定です(*^◯^*)





この空の上で、いつまでも君を待っている
作者:こがらし輪音
 “将来の夢”なんてバカらしい。現実を生きる高校生の美鈴は、ある夏の日、叶うはずのない夢を追い続ける少年と出会う。
 東屋智弘。自分とは正反対に、夢へ向かって一心不乱な彼に、呆れながらも惹かれていく美鈴。しかし、生き急ぐような彼の懸命さの裏には、ある秘密があって――。
「死んででも見たい何かって、あるんじゃないかと思うんだ」
 少年が守り抜いた約束と、奇跡の結末に触れたとき、再びページをめくりたくなる。
 夏の日を鮮やかに駆け抜けた、一つの命の物語。








吉原百菓ひとくちの夢
作者:江中みのり
『生きるための食事でなく、ひと時の幸福のための菓子を作る』
 江戸の吉原一、料理が美味いと評判の中見世・美角屋。そこで働く“菓子専門の料理番”太佑は、日々訪れる客や遊女達のために菓子を作っていた。しかしある日、幼馴染で見世一番の花魁・朝露が全く太佑の菓子を食べていないことを知り……。
 切ない想いを秘め、懸命に生きる人々にひとくちの“夢”を届ける――とある料理番の、心温まる人情物語。







座敷童子の代理人6
作者:仁科裕貴
 遠野の旅館「迷家荘(まよいがそう)」には妖怪をはじめ、いろんな問題を抱えた人たちが集まる。それは京都に住む妖怪退治のスペシャリスト「陰陽師」たちもご多分に漏れず……。
 近頃、占い師として有名な陰陽師・久我凪人(くが なぎと)。彼とその弟の綾斗(あやと)は、座敷童子がいるという遠野の旅館をお忍び旅行で訪れる。だが、もちろん観光旅行などではなく……。
 司貴(しき)・座敷童子のコンビは、「鎌鼬(かまいたち)」や「式神」の問題に関わることで陰陽師兄弟が抱える悩みを知るのだが――!?
 遠野と京、人と妖怪、そして陰陽師――意外な接点と、“あの人物”も登場する新章「遠野・陰陽師編」開幕!







おんみょう紅茶屋らぷさん~この一杯に、すべてを~
作者:古野まほろ
さまざまに悩める人々――それと同じように、この不思議な紅茶屋と陰陽師にも、立ちむかうべき物語があります。
 人気の街、吉祥寺の四つ辻を越えて。不思議な霧の街角にたたずむ「おんみょう紅茶屋 らぷさん」を今回訪れるのは、まさに運命のお客様。
 さすがの店主でも心乱れてしまう時も。恋する人と一緒なら、きっと乗り越えられるはず。そうして生まれるのは、恋人の父も、師も越える、最高の一杯。
 悲しみも怒りもつつみこむ魔法の紅茶を、あなたに。 








帝都フォークロア・コレクターズ
作者:峰守ひろかず
激動の大正。帝都東京に見える怪しき影は、二人の青年。黒のマントに詰め襟学生服、生真面目な銀髪の青年・射理也(いりや)。そして、女物の鍔広帽に着流しを纏い、軽薄な笑みを浮かべた噺家崩れの淡游(たんゆう)だ。
 求職中の少女・静が見つけた新たな職は、『彼誰会(かわたれかい)』なる奇妙な組織の書記担当。彼らの目的は「百年使える妖怪辞典の編纂」だという。
 静は同僚の射理也、淡游と共に、日本各地に残る妖怪伝承を集めることになる。だがやがて三人は不思議な事件に巻き込まれていき――?
『絶対城先輩の妖怪学講座』の峰守ひろかずが贈る、帝都発あやかし伝奇譚







グランドスカイ
作者:成田名璃子
群馬の片田舎にあるスキージャンプクラブに突如運営停止の危機が迫る。存続のためには、今季の大会でメダルを三つ取らなくてはいけないのだが──。
 不登校気味で自分が楽しく飛ぶことしか興味がない松前至、センスはあるのだが恋愛で結果が左右される横沢翔子、親友に勝つため、徹底した理論で飛ぼうとする岩倉航一。突然現れた“オリンピックドタキャンコーチ”が弱小クラブの代表として選抜したのは、そんなクセだらけの選手たちだった。
 突如メダル奪取を指示された少年と少女たちの葛藤と成長を描く青春グラフィティ!







理想の結婚式は甘くない
作者:美月りん
結婚式。
 それは、一生に一度の晴れの舞台。二人がお互いの愛を確かめ、夢のような時間を過ごせるセレモニーだ。
 といっても、結婚式は多くの人が関わる一大イベント。新郎と新婦の愛情だけで、すんなりと終わるわけがない。そこでは、いろいろなドラマが繰り広げられるもの――。
 可愛くロマンティックな結婚式場〈マリアフォレスト〉で働く新人ウェディングプランナー、姫川愛子。プリンセスおたくの彼女のもとには、なぜかワケありな新郎新婦ばかりがやってくる……!







神さまの探しもの
作者:扇風気 周
猫たちを統べる猫神様に見守られ、賑わう日立門商店街に一人の神様がやってきた。
「はじめまして、商店街のみなさん。わたしの名前は見つけるさん。新米の神様です! 先輩の猫神様と一緒に皆さんの失くしたものを探すお手伝いをさせてください」
みんなの抱える問題を失くしもの探しを通じて解決します。時には自分では気付いていない、淡い絶望を晴らすことも――。
困ったときにはご用命を。これは小さな女の子の姿をした、なりたての神様の「答え探し」の物語。



詳しくはHPを見て下さいね
メディアワークスHP→こちら

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

tag : メディアワークス文庫

2018.1.25メディアワークス/発売予定

2017.12.25.12:00

メディアワークス文庫の発売予定です(*^◯^*)





ちどり亭にようこそ3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~
作者:十三 湊
 京都は姉小路通沿いにこぢんまりと建つ仕出し弁当屋「ちどり亭」。その店主の花柚は、婚約者との結婚にともない、店を畳まなければならなくなる。しかしバイトの彗太が店を継ぎたいと申し出たことで、彼が大学を卒業するまでの二年間は、店を続けられることに。
 安堵したのもつかのま、花柚は祖父から「ただしオーナーも店主も辞めること」という条件を出される。
 名義とお金だけ貸してくれて、現在の店のやり方を守ってくれる人――そんな都合のいい人を果たして見つけられるものだろうか……。








下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし
作者:五十嵐雄策
俳句とお弁当。この二つは一見何の関わりもないものに思えるけれど、共通点がある。それはどちらも人の心に寄り添ってくれるということ。辛い時にはその人をなぐさめるように、楽しい時にはその人を祝うかのように、そっと傍らに在ってくれる――。
 社内恋愛騒動に巻き込まれ、傷心の三崎佳奈が東京深川でふらりと立ち寄ったのは、細い路地の奥にある小さなお弁当処、『芭蕉庵』。心に寄り添った、美しい俳句と美味しいお弁当を提供してくれるこのお店には、今日も俳句をたしなむ町の人々が集まってくる。心を癒す詠み人の集いに、あなたも触れてみませんか?







夜空は見上げる君に優しく
作者:枕木みる太
渋谷の夜を照らすアドバルーン。気球から下がる布には、夜の街を楽しむ人達のメッセージがつぎつぎと流れていく。
 そんなメッセージの中に、「夜が怖い人もいるんです」という悲壮な呟きを見つけた、気球の管理人、横森佑。夜のにぎわいを守るため、呟きの主と待ち合わせると、やってきたのは一人の少女。それが、言葉を発せず、今にも消えてしまいそうな女子高生、咲良との出会いだった。夜の屋上に居場所を見つけた青年と、夜に脅える少女が、二つの月の下で出会う、儚い恋愛物語。







霊子先輩は実写化希望!!
作者:佐織えり
 人と関わるのも友達付き合いも苦手、頑張りすぎの僕の生活が一変した!! 自称16歳、霊子先輩と名のる幽霊にすっかり懐かれてしまったからだ。
 最恐の幽霊になって実写化されることを夢見る霊子先輩には、記憶がほとんどない。ドジばかりだけど一生懸命な彼女を、なんだか放っておけなくなってきた。しかし「幽霊は成仏させたほうがいい」と言う神主が現れたことから、先輩の記憶が戻り始めた。
 いったい何があったのか、霊子先輩が全てを思い出した先に待っていたのは――?








0能者ミナト〈11〉
作者:葉山 透
殺生石――それは凶悪な毒の大気を発し命あるものを死に追いやる、呪わしい巨石。
 かつて沙耶とユウキを窮地に陥れ、ユウキに大怪我を負わせたそれが、いま新たに発見された。調査に向かった理彩子を追った沙耶とユウキ、渋々それについて行った湊。そんな三人が捕われたのは、どちらを向いても脱出不能の、まさに無限回廊と化した空間だった。
 殺生石、そして九尾の狐の気配に満ちた閉鎖空間から脱出する術は?  究極の攻撃を放つ九尾の狐を倒す術は、果たして存在するのか――。
 絶体絶命の状況下で、湊の科学的推理が冴えわたる!







天保院京花の葬送~メフィスト・ワルツ~
作者:山口幸三郎
天保院京花――死者の声を聴き、事件を解決に導く喪服の女子高生。
 彼女が通う全寮制の女子高では、『学校の七不思議』に沿った奇妙な事件が相次いでいた。
 そんな中、芸術祭でついに殺人事件が起きる。京花は解決に乗り出すことに――。
 事件の鍵を握る七不思議の四番目『化学資料室の不死身さん』の正体とは。閉じられた女子高で起こる悲劇を、果たして京花は止めることが出来るのか。
『探偵・日暮旅人』シリーズ著者が贈る、喪服の女子高生・京花の謎解き事件簿。







チョコレート・セレブレーション
作者:星奏なつめ
たくさんの誤解と混乱を招いたバレンタインから数ヶ月。めでたく凶悪面の純情リーマン龍生と付き合うことになった、がんばり過ぎなOL千紗。喧嘩もなく順調な交際で、今では社内でバカップルと噂されるほどの関係に。
 次第に龍生との結婚を意識する千紗だが、ある日、龍生の妹・莉衣奈の口から信じられない言葉が――。
「実は龍生さ、浮気……しちゃったみたいなんだよね」
 二人の運命の恋に、最大の試練が訪れる!? 読めば元気をもらえる最強ラブコメ『チョコレート・コンフュージョン』続編!






詳しくはHPを見て下さいね
メディアワークスHP→こちら

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

tag : メディアワークス文庫

2017.12.22メディアワークス/発売予定

2017.11.28.12:00

メディアワークス文庫の発売予定です(*^◯^*)





アリクイのいんぼう~運命の人と秋季限定フルーツパフェと割印~
作者:鳩見すた
「有久井と申します。シロクマじゃなくてアリクイです」
 ミナミコアリクイの店主が営む『有久井印房』は、コーヒーの飲めるハンコ屋さん。
 訪れたのは反抗期真っ只中の御朱印ガール、虫歯のない運命の人を探す歯科衛生士、日陰を抜けだしウェイウェイしたい浪人生と、タイプライターで小説を書くハト。
 アリクイさんはおいしい食事で彼らをもてなし、ほつれた縁を見守るように、そっとハンコを差し伸べる。
 不思議なお店で静かに始まる、縁とハンコの物語。








博多豚骨ラーメンズ8
作者:木崎ちあき
博多で連続する昏睡強盗事件と馬場の失踪を追ううち、林と榎田は13年前に起きた惨殺事件に辿りつく。そこには、かつて馬場を襲った、ある壮絶な過去が隠されていた。はからずも馬場の過去を知った林の前に、重傷を負った馬場が現れ――。
 馬場に迫る絶体絶命の危機に、事件の真相を探っていく林たち。一方、病院で意識を取り戻した馬場は、再び姿をくらませる――。博多最強の殺し屋の危機に、裏稼業の男たちが立ち上がる!
 人口の3%が殺し屋の街・博多で、裏稼業の男たちが暴れまくる痛快群像劇シリーズ、待望の第8巻!







サンリオ男子 ~俺たちの冬休み~
作者:静月遠火
学年も性格も違うイケメン5人の共通点は、“サンリオのキャラクターが好き”な事。
 ある日、北海道で旅館を営む俊介の叔父さんから「従業員の殆どがぎっくり腰になってしまった!」とSOSが届いた事を切っ掛けに全員で冬の北海道へお手伝いに行くことに。美しい雪景色を楽しみつつ、慣れない仕事に奮闘するサンリオ男子達だったが、宿泊者の荷物が無くなるという事件が発生し――!? 
 サンリオ男子達の煌めく青春の1ページがここに。







この終末、ぼくらは100日だけの恋をする
作者:似鳥航一
 高校二年の僕が一目惚れした女の子。僕とは正反対の、物静かで不思議な魅力をもつ彼女への告白は、あっさり断られた。はずだった。
 卒業から一年とすこし後。目の前に突然現れた彼女は、それがまるで運命であるかのようにこう告げる――。
「100日間だけ、いっしょに住みませんか?」
 二人きり、ひとつ屋根の下で始まった田舎での共同生活。時を重ねるほどに近づくぼくらの距離。しかし、彼女は大きな秘密を抱えていて――。
“100日間”に隠された意味を知ったとき、せつない恋の物語が動き出す奇跡の恋愛小説。








本日はコンビニ日和。
作者:雨野マサキ
 大好きなすみればあちゃんが、1年前死んだ――。
 純平が住む小さな町・虹色町には、何でも揃うコンビニがある。お店を作ったのは、町の人気者だった純平の祖母・すみればあちゃんだ。
 そんなばあちゃんが残したのは、18歳の純平をコンビニオーナーにするという遺言だった。
 自信のないままオーナーになった純平だが、個性豊かなスタッフとお客に囲まれ働くうち、すみればあちゃんの想いを知ることになり……。切なくて温かい、こもれびの物語。







もうひとつの命
作者:入間人間
あの頃の僕らはまだたくさんの高いものに世界を囲まれて、息苦しさを覚えていた。自由に走り回っているようで、ふと気づくと自分がどこにも行けないような気がして焦り、苛立ち、空を仰いでいた。僕らが『魔女』に出会ったのは、そんなときだった。
 あれから数年、自殺した稲村が生き返った。思い返すのは、例の魔女のこと。あの場に居合わせた僕ら六人は、どうやら命を一つ分だけ貰っていたらしい。一度だけ復活できる。なら命一つ犠牲にして、僕らに何が成し遂げられるだろう。







さよなら西郷先輩
作者:出口きぬごし
もし西郷隆盛が現代の高校生だったとしたら――。
 県立薩摩工業高校を舞台に、朴訥で男気のある西郷隆盛、黒縁眼鏡の優等生・大久保利通、学校を支配する島津斉彬といった学生たちが、新しい時代を渇望し、自分たちの夢を追いかける姿を、軽快かつ感動的に描いていく。
 激動の幕末を駆け抜けた男の波瀾万丈な半生を、ときに笑い、ときに涙ぐみながら、しっかりと疑似体験できる、現代版・西郷隆盛物語。偉人・西郷隆盛の意外な魅力に、あなたも気づくはず!






詳しくはHPを見て下さいね
メディアワークスHP→こちら

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

tag : メディアワークス文庫

2017.10.25メディアワークス/発売予定

2017.09.25.12:00

メディアワークス文庫の発売予定です(*^◯^*)





おとなりの晴明さん~陰陽師は左京区にいる~
作者:仲町六絵
一家で京都に引っ越してきた女子高生・桃花。隣に住んでいたのは、琥珀の髪と瞳をもつ青年・晴明さんだった。
 不思議な術で桃花の猫を助けてくれた晴明さんの正体は歴史に名を残す陰陽師・安倍晴明その人。晴明さんと桃花の前に現れるのは、優しい鬼や京都の街を守る平安京サル会議、美の御利益をもたらす女神様。晴明さんは、いつも憂鬱そうな顔で、けれど軽やかに不思議な世界の住人たちの願いを叶えていく。
 そして現世での案内係に任命された桃花も、晴明さんの術で思わぬ姿に変身して――。
 悠久の古都・京都で紡ぐ、あやかしファンタジー。!








妖怪のご縁結びます。 お見合い寺 天泣堂
作者:梅谷 百
人々から恐れられ、あがめられていた妖怪も時は平成、絶滅の危機に瀕していた――。
 由緒ある寺の末息子・恵留はある日、父のぎっくり腰で寺が代々請け負っている妖怪の結婚相談を代理で務めることとなる。とはいえ妖怪に関して全く無知で、補佐役の妖怪・白澤のシロにも呆れられる始末。そこで、同じ大学の美人な変わり者・軽井沢小町に助っ人を依頼することに。
 奥手の天狗、強面のデブ猫妖怪、束縛の激しい雪女……一筋縄ではいかない彼らの縁結びはいったいどうなる!?







あやかし会社の社長にされそう。
作者:水沢あきと
 ブラックなアパレル企業から逃げ出したOL、萩原優奈。父親の薦めにより再就職した先は……なんと「顔が見えない」のをいいことに、現代の妖怪たちが働く不思議な『電話受付センター』だった!
 雪女や天狗、カッパやらがヘッドセットを装着して電話応対する会社……そんなおかしな光景が広がる「九十九コールセンター」だが、センター長の妖狐(ちょっと格好いい)・稲野さん曰く、肩身の狭い妖怪たちのために父が立ち上げた会社なのだという。次期社長として期待される優奈は、問題児だらけの会社を救うべく立ち上がる――!?(……え? ……ホントに?)






私の気になったものしか掲載してません
詳しくはHPを見て下さいね
メディアワークスHP→こちら

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

tag : メディアワークス文庫

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
弱虫ペダルとハイキューが大好きです 漫画やアニメがないと生きていけません 死ぬまでずっと好きだー! ライトノベルも好きです♥読んだ♪見た♪感想を書いていきたいと思います その他思うことをぼちぼちと お付き合い頂ければ嬉しいです 宜しくお願いします

ひのえさやか

Author:ひのえさやか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
アクセスカウンター
最新コメント
ランキング
本&DVD&CD